愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 17日

銭と暇のあいだに

『そうだ、京都行こう』
唐突ですが、このコピー、名文句だと思います。

前は「そんな思いつきで京都なんて行くのかぁ?」などと思っていた私ですが、ついにその衝動に駆られる日がやってきました。

というわけで明日から京都行ってきます。
…旅行用の貯金をはたいて、ですが。



さて、学生時代は、ありあまる暇と乏しい懐具合のあいだで呻吟していたものですが、これが社会人になると一転して、ほんの少しの暇と少しばかりの懐の余裕のあいだで煩悶するようになりました。
要は「金はあるけど旅に出る暇がない」わけでして、そうなるとこういった「懐」と「暇」が合致した週末に強行軍で旅に出ざるを得なくなるのです。
もっとも、学生時代に比べればお金ははるかに自由に使えるため、新幹線や飛行機といった移動手段を使うことで「時間を買う」ことができます。そういった意味では本当の「強行軍」ではないかもしれません。

今回の旅は、私にしては珍しく「相方」がいるので、いわゆる「鉄」方面の活動はあまりないと思いますが、相方を言いくるめて叡電か京津線あたりを乗りつぶそうかとも画策していたりもします。
相方は私の趣味にそれなりに理解のある人なのですが、はたして「乗りつぶし」という行為まで理解してくれるか…微妙です。
[PR]

by aikoh_denki | 2006-02-17 23:41 | 旅行


<< 2006年3月の看板画像は「J...      君の架鉄は輝いているか >>