愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 15日

女性専用車両

最近、女性専用車両が増えてきています。
でも、いまいち連結位置がわからなかったり、数が少なかったり、編成の中でも微妙な号車が割り振られていたりということで、使い勝手はよくないそうです。(by同僚の女性)

というわけで、私は考えました。
題して「編成中に1輌とか通勤時間帯のみとかケチケチ言ってんじゃねえ」作戦。
まあ、簡単に言えば、女性専用車両を増やすってことです。



案1:男女それぞれの専用列車を交互に走らせる作戦。

b0060079_2252268.gif

この絵だと、7:30と7:40の列車は男性専用列車、7:35と7:45は女性専用列車になります。
これなら男女が完全に区別されているので、お互いに気兼ねなく通勤通学ができるんじゃないでしょうか。(男性専用列車は非常にむさくるしそうですが・・・)
ただ、この方法だと、いつもの電車に乗り遅れると、5分余計に待たなければならないという欠点があります。

そこで第2案を提案します。
案2:男性専用車両、女性専用車両を1編成の中に混結する作戦。
b0060079_22524544.gif

絵の通り、奇数号車は男性専用、偶数号車は女性専用とします。
これならば、いつも乗る電車に乗り遅れた場合に余計な時間を食わずとも移動することができます。ただし、男女共に隣の車両に移動することはできませんので、隣の車両の席が空こうと、トイレが隣の車両にあろうと、移動することはまかりなりません。

で、この絵を描いてから気づいたこと。
というか同僚にこの案を話して指摘されたこと。
「ねえ、乗客の男女比考えてる?」

…スイマセン、そんなものこれっぽっちも考えていませんでした。

8/21追記:
案3:痴漢痴女を隔離する作戦(by跳ね無学斎様)
b0060079_12112145.gif

跳ねさんより愉快なアイデアを頂戴したので追加します。跳ねさんに感謝。
これまでは「女性を守る」という発想で、女性専用車を考えましたが、今回は「痴漢痴女を隔離する」という、逆転の発想ともいうべき作戦です。基本的に、この列車の中では「お触り自由」とします。痴漢痴女たちは、お互い心ゆくまで痴漢行為を楽しめるという算段です。ただし、数的には痴女よりも痴漢のほうが多いわけですから、あぶれる痴漢もいることでしょう。

「次の電車は痴漢専用車両です。皆様のご理解ご協力を…」お願いされるまえにこっちから願い下げます。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-07-15 22:59 | 実在の鉄道


<< 2005年8月の看板画像は「8...      しばし復帰 >>