愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 20日

イーデン

イーデンと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
おそらく多くの方が、国電の新名称を思い浮かべることでしょう。
E電、もはや死語ですね。みんな単にJRと呼んでいます。
少なくとも私の周囲で山手線や中央線をE電と呼んでいる人はいません。
E電って、結局何だったんでしょうね。



もとい、今回は、そのイーデンについて話すのではなく、もうひとつのイーデンについて話そうとしてたんだった。。。

皆さんはメタルマックスというファミコンソフトをご存知でしょうか?
このゲームはRPGに分類されるのですが、「戦争によって荒廃した世界を戦車で駆け回り、名だたる賞金首に砲弾をぶち込んで賞金を頂く」という、非常に独創的な世界観とシステムを持っており、いわゆる「ファンタジー系」のRPGとは一線を画す名作と言われています。そのため、今でもコアなファンが多いらしいです(私もそのひとり)

さて、このゲームには、廃車になった電車が集まってできている街が出てきます。
戦争のため街がボドボド・・・もといボロボロになってしまったため、同じく戦争で使えなくなった電車を住居や店舗として再利用している…という設定の街です。

その名も「イーデン」
…まったくもってそのまんまですね。

さて、FC版ではどうであったか失念してしまったのですが、SFCで出たリメイク版「メタルマックスリターンズ」では、どこからどう見てもオレンジ色の101系が、整然と街中に並んでいるのでした。そして芸が細かいことに、各車両には形式表記がなされていました。
ただし、どの車両も「モハ101-1」だったと思います(先頭車だろうが中間車だろうがお構いなし。ついでに地下鉄線内で土砂に埋まっている車両も「モハ101-1」)

鉄道愛好家的には「そこまでこだわるなら中間車はモハ100にせい!低屋根仕様の800番台ならなおよし!!」とか「地下鉄なら103の1000番台にせい!」などと言ってしまいそうですが、まあ、大多数のプレイヤーはそこまで見ないから問題ないのでしょう。というかここで忘れてはならないことが・・・それはこのゲームの主役は電車ではなく戦車であるということ。よって、過剰な期待は禁物です。

しかしながら、ミリオタ兼鉄オタの私にとって、イーデンはいささかの興奮を禁じえない街でした。だって戦車と電車のコラボレーションが見られるんですよ?!(まあ、戦車は街中に入れないようになっていますが・・・)
このシチュエーション、(愛甲の中の人的には)興奮しないほうがおかしいんです。

以上、「MMR」という文字列を見ると、「Ω ΩΩ<な、なんだってー」ではなく「メタルマックスリターンズ」を思い浮かべる愛甲でした。

というかメタルマックスシリーズ、リメイクして再販しないかなあ・・・
はぁ。。。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-20 02:47 | 鉄道以外の話題


<< 新しい「100質」に答えてみました      固有名詞の駅名 >>