愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 22日

主役

b0060079_20565564.jpg【キハ35 108】 1990年9月23日 久喜駅にて
常武線を語る上で欠かせないのは、なんといってもキハ30・35である。
かつては大宮区と高崎区に分散配置されていたが、川越線の電化に合わせて全車が高崎区に転属した。

高崎区の気動車群は形式に関係なく、常武線・八高線での共通運用が組まれていたため、高崎から八王子に至り、そのまま折り返して遠路、土浦まで足を伸ばす運用もあった。
当然、そんな運用にキハ30・35が充当されようものなら、八王子から土浦まで乗り通すとなると、4時間近くもロングシートに揺られることになる(キハ35の便所前ボックスシートに座れば別だが)。
それはもはや苦痛以外の何者でもなかったが、そんなことをするのは鉄道ファンぐらいのものであった。

では、鉄道にこれといって興味のない一般客はというと、中央線や京王線で新宿に出て、山手線から常磐線へ乗り継ぐのである。



<以下、作者メモ>
【実車番号:キハ35 108】1990年9月23日 八高線八王子駅にて撮影。

この八王子駅の1番線という場所は、我が気動車趣味の原点のひとつです。
跨線橋からこの1番線に降りていく途中で聞こえ始めるアイドリングの音、漂ってくる排気ガスと油の匂い。
そんなシチュエーションに、私は幼いながらも旅路へのときめきと感じていたものでした。

あれから20年、非電化だった1番線にも架線が張られ、古びた気動車はステンレス製の電車に代わりましたが、それでもいまだにこのホームに立つと、「あの頃」のことを思い出します。
[PR]

by aikoh_denki | 2009-09-22 20:59 | JR常武線


<< 相模線色      沿革 >>