愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 24日

混結編成の魅力-愛甲編

地方私鉄では、しばしば「デコボコ編成」と呼ばれる、異形式車の混結運用が行われます。
というのも、地方私鉄では手持ちのクルマの数が限られており、朝ラッシュ時などの輸送力が必要とされる時間帯には、ブレーキさえ揃っていれば車種など関係なく連結して出動させるため、しっちゃかめっちゃかな編成が出来上がるという具合です。生まれも育ちも顔も身なりもまったく違うクルマが手をつないで走る光景は、見た目は乱雑ですが趣味的には愉快なものであり、また地方私鉄独特の光景でしょう。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-24 03:17 | 愛甲電気軌道
2005年 09月 24日

私鉄駅っぽいJR駅

先日、とあるJR線に乗車した折、私はひとつの発見をしました。

「何だこの駅…JRの駅のくせに妙に私鉄くさい…!?」

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-24 00:10 | 実在の鉄道
2005年 09月 19日

26系直流通勤型電車

【23系をベースに開発された三田線直通用車両】
b0060079_2312843.gif
26系 3102号(26-3102)

■はじめに
製造初年1972年。
26系は、常総の長年の宿願であった「都心直通運転」が、都営6号線(現在の三田線)を介して行われるのに際して、地下鉄直通用として製造された車両である。
形式は「6号線直通用車両」ということで26系とされた。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-19 02:58 | 常総急行の車両
2005年 09月 19日

23系直流通勤型電車

【常急万能車思想の始祖】
b0060079_3283890.gif
23系 1110号(23-1110)

■はじめに
製造初年1965年。
沿線の発展とともに、日を追うごとに増加を続ける通勤通学客に対応すべく、常総が投入した通勤車である。
登場時は2300形を名乗っていたが、1969年の称号改正により新形式として23系が割り振られた。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-19 02:09 | 常総急行の車両
2005年 09月 11日

駅名標

以前にもサイトのほうに上げていたネタですが、手直しの上再掲します。
b0060079_15543276.gif
b0060079_1554591.gif

上は駅ホームや上屋に掲げられている「電照(内照)式」のもの、下は駅本屋の入り口などに掲げられている看板タイプのものです。どちらも常総のコーポレートカラーである2色のグリーンを基調とした配色となっています。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-11 15:54 | 常総急行
2005年 09月 11日

2005年9月の看板画像は「闇夜にたたずむ東武電車」

9月に入り、昼間は残暑が厳しいとはいえ、朝晩は過ごしやすい気候になってまいりました。
秋はすぐそこまでやってきているようです。
そして秋といえば、秋の夜長。

そんなこんなで、今月の画像は夜長にちなんで「夜」を題材としてみました。
b0060079_221842.jpg


秋の夜、闇にたたずむ東武電車を携帯で撮影。

実際に住んでみて感じたのですが、北関東の夜は、本当に静かです。
聞こえるものといえば虫の音と、たまに通る自動車の音だけ。
駅でもそれは同じで、辺りには虫の声とSIVの「ジー」という電磁音だけが響きます。

「夜の駅にたたずむ回送電車」
地味だけど、個人的には好きな情景のひとつです。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-11 02:08 | 月めくり