愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 31日

さらば強敵よ

いささか早いのですが、看板画像(メニュー最上段の画像)を2月分に変更しました。
今月のネタは「藤井寺球場」

なぜこんな写真が?と思われるかもしれませんが、実は先日の大阪旅行の折、消え行く強敵(「とも」と読みます。(c)武論尊&原哲夫)である近鉄球団に別れを告げるべく、かつての本拠地だった藤井寺球場を訪問していたのでした。

というわけで、今回は画像の更新ついでに「愛甲の藤井寺見聞録」をお送りします。
(この先、画像を多用しておりますので読み込みに時間が掛かるかもしれませんが、なにとぞご了承くださいませ)

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-31 07:32 | 野球
2005年 01月 31日

ABFMキラー

2005年度に導入される新世代車両・・・という想定で、愛甲の新車を描いてみました。
b0060079_13131963.gif
3500形。
老朽化が著しい小田急旧型車(通称:ABFM車)たちを置き換えるべく登場した「ABFMキラー」です。

基本的には、2000年に登場した3000形の改良版ですが、3000形と異なり、昨今の標準化思想を大々的に取り入れたクルマです。そのため、一見すると京成3000形の側見付に小田急3000形のお面をつけたような、まさに標準化思想を地で行くようなクルマに仕上がっています。しかしながら、よく見ると、前面に貫通路がついていたり、かたくなに抵抗制御を採用しているなど、伝統を重んじる愛甲の矜持が随所に感じられるクルマです。

さて、このクルマの登場によって、小田急の旧型車たち、ことに2200形の去就が注目されますが、どうなることやら…

愛甲電気軌道3500形(デハ3500・クハ3550)主要諸元
全長×全幅×全高:18500mm×2744mm×4100mm(デハ3500)
定員:120名(うち座席42名)
制御方式:抵抗制御
制動方式:MBS-D(ブレーキ読替装置つき)
台車:軸梁式ボルスタレス台車

あんま書くとツッコミどころ満載になるので諸元はこれくらいに…
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-31 05:55 | 愛甲電気軌道
2005年 01月 29日

俺よ、表現の求道者たれ。

愛甲電気鉄道+愛甲電気軌道

自分の記事にTBするのもばかばかしい気がしますが、こういう使い方もありかなーと思ってあえてTBしてみます。

本日、愛甲電軌をリニューアルしました。例のチャンポン作戦を実行に移したわけです。
すなわち、「電鉄の歴史設定」に「電軌の想い」を込めれば、愛甲の魅力がより深まるんじゃないかということなんですが、結局あまりかわってないような気がします(汗

というかぶっちゃけ歴史をちょっと直しただけなんですがね
読者さんからすれば、私が言わなきゃたぶん気づかないような、ホントにささいで地味な変更でした。

歴史以外には、とりあえず、今まで階層の下のほうにあってわかりづらかったコンテンツを、【設定資料集】に引っ張り出してみました。(イラスト自体は以前となーんも変わっておりません)

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-29 02:42 | 愛甲電気軌道
2005年 01月 26日

車体色の検討

b0060079_5284324.jpg

いきなり下手くそな絵で申し訳ありません。
このイラストは、今から3年前、私が愛甲電軌を創り始めたときに描いた車両のラフスケッチです。

ま、ラフじゃないスケッチなんてわたしにゃ描けませんが・・・
どなたか私に絵心をください。(マグロ絵だけ描けても仕方がないんで)

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-26 05:39 | 愛甲電気軌道
2005年 01月 20日

新しい「100質」に答えてみました

えー、先ほど1/20の午前6時を回りました。
「このバカまだ起きてたのか」とか言わないでくださいね。

で、こんな時間まで何をしていたのかというと、架空鉄道さんに100の質問に答えていたんですね。

以前と比べて、回答の内容自体はあまり変わってないと思いますが、私がどんなスタンスで架空鉄道と遊んでいるのかを、少しでも読者の皆さんにご理解いただければと思い、この100質を拝借した次第です。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-20 06:19 | 架空鉄道全般
2005年 01月 20日

イーデン

イーデンと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
おそらく多くの方が、国電の新名称を思い浮かべることでしょう。
E電、もはや死語ですね。みんな単にJRと呼んでいます。
少なくとも私の周囲で山手線や中央線をE電と呼んでいる人はいません。
E電って、結局何だったんでしょうね。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-20 02:47 | 鉄道以外の話題
2005年 01月 15日

固有名詞の駅名

全国あまたある駅の中でも、私は駅名に固有名詞を冠した駅に魅力を感じます。

「駅名は固有名詞じゃ」というツッコミもあろうかと思いますが、ここで私が取り上げたい駅は、たとえば「玉川上水」や「都立家政」のような、駅周辺の施設から名前を取った駅です。

こういった駅の例をいくつか挙げてみましょう。
関東ならば、大神宮下(京成)、松原団地(東武)、中村橋(西武)、芦花公園(京王)、向ヶ丘遊園(小田急)、洗足池(東急)、鶴見市場(京急)などなど...
関西では、鳥羽街道(京阪)、一の鳥居(能勢)、阪神国道(阪急)、萩原天神(南海)などなど...

どうでしょう、固有名詞の駅名からは、他の駅にはないような独特な雰囲気が感じられないでしょうか? これらの駅名には、地名を冠した駅とは一味ちがった魅力があるように思えます。何というか、これらの駅名からは、生活に密着した駅の姿、あるいは生活臭のようなものが感じられるような気がします。

そしてこれらの駅名に共通すること。それは「私鉄の駅」であるということです。
架鉄において私鉄を空想する際には、こういった駅を2つ3つ入れておくと、「私鉄くささ」がぐっと増すのではないかと思います。

こういった駅名、私は大好きです。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-15 01:14 | 実在の鉄道
2005年 01月 08日

三つ子の魂百までも

103系。

いわずと知れた通勤型電車の名車であり、日本の高度経済成長を陰で支えた立役者です。
そんな功労者も、寄る年波には勝てず、近年その数を大幅に減らしています。
特に関東では、新型車両の導入とそれにともなう玉突き転配により、絶滅危惧種のような存在になりつつあります。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-08 04:15 | 実在の鉄道
2005年 01月 06日

ただいま帰還しました

b0060079_2221582.jpg先程、大阪より帰還いたしました。
鈍行に揺られ続け、非常に疲れました。
(写真は有名な戎橋・・・って見ればわかるか)

高校時代は「さすが鉄オタだ、1日中鈍行に乗り続けてもなんともないぜ!」だったのですが、新幹線やら飛行機といった高速移動手段を比較的自由に使える身となった今では、鈍行だけで移動するのはつらいものがありました。というわけで贅沢は敵だ!と、自分自身を一喝しておきます。

…あるいは私が老いたということなのでしょうか?(高校出てまだ4年しか経ってないんですが…やだなぁ)

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-06 23:34 | 旅行
2005年 01月 05日

結局

大阪をぶらつくことにしました。今から阪神電車の走りを愉しんでこようと思います。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-01-05 13:46 | 携帯電話から