愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:実在の鉄道( 22 )


2009年 08月 16日

未来からやってきた電車

209系電車。
従来、新製より20年以上使用するのが当たり前であった電車のライフサイクルを、減価償却というソフト面、あるいは機器の老朽化や技術革新というハード面を鑑み、あえて使用想定期間を13年前後に短縮。
そうすることで、車両に関わるコストや労力の最適化を図るべく、1992年に登場した電車です。

しかし、そのコンセプトに理解のない鉄道ファンからは「13年しか使えない電車」とか「使い捨て電車」などと謗られ、果ては「走るンです」などというありがたくないあだ名まで付けられる始末。
確かに、薄い構体がもたらす側板のゆがみや、妙にプラスチッキーな内装は、ファンに「安物」というイメージを与える原因でもありました。

その是非はさておき、この209系から始まったJR東の電車の世代交代は、瞬く間に国鉄世代の旧型車を駆逐し、JR後にも増備の続いた205系や211系をも地方へ転属させるほどの勢いで進められ、
いまやJR東管内の電化区間でその姿を見ないことはないまでに、新世代電車は勢力を拡大しました。

平成生まれの若い鉄道ファンにとっては、209系と、その系譜に連なるE501系、E701系、E217系、E127系、E231系などが幅を利かす現在の情景が当たり前なのでしょうが、
我々昭和生まれのファンにとっては、209系はまさしく「未来からやってきた電車」でした。

私は今でも覚えています。
1993年春、上野駅で当時まだ901系と呼ばれていた試作車に初めて接したときの衝撃を。

当時はまだVVVFインバータ車は珍しく、私が日ごろ使っていた小田急でも、1000形の増備が続いていました。
1000形のあの三菱製インバータの耳障りな音が当たり前だった私は、209系の比較的静かな起動音に度肝を抜かれました。

車内の、グレーの成形品を多用した内装と、電車のそれとはとても思えないような硬い座席。
線路方向ではなく枕木方向に並んだ蛍光灯に、完全固定の側窓。
さらには、空気の音もなく、静かに開閉するドア。聞けば、電気で開閉しているとのこと。
また、Hゴムや押さえ金でなく、ステンレスむき出しのドアにコーキング材だけで固定され、窓とドアがツライチなのが、やけに近未来的に見えたものでした。
(余談ながら、これより約10年後に就職した会社で、この窓固定方式はデンマークだかスウェーデンの企業がパテントを持っていて、パテント料がハンパないのと、コーキング自体がヘラを使った完全な手作業で行われているのを知り、驚いたものです)

こうして見るもの聞くものすべてが、当時私が知っていたどの電車にも見られなかった数々の新機軸であり、それをして私に901系改め209系を「未来からやってきた電車」と思わせたのでした。

901系で取り入れられた新機軸のいくつかは、量産に当たって従来どおりの仕様に改められ、また、客用窓等、後天的な改造で退化してしまった部分もありますが、
それでもこの「未来からやってきた電車」が、いたるところで見られるようになったこと、さらには、当初の目論見どおり13年超の使用期間を終え、209系が徐々に廃車になっているとの報に接し、私は改めて年月の経過を思い知らされるのでした。
b0060079_18301266.jpg

[PR]

by aikoh_denki | 2009-08-16 18:32 | 実在の鉄道
2009年 07月 02日

7月2日は

都営5000形引退の日。
1995年のあの日から、もう14年も経ってしまったのですね。

実際にはひどい電車でした。
うるさいし、クーラーがなくて暑いし、京急線内では今にも壊れそうな走りだったし。
思い出として美化されていることは否めません。

しかし、あのモーターやコンプレッサーの音。
丸の内線の二番煎じとはいえ、均整の取れた前面デザイン。
給排気口が肩に整然と並ぶモニタールーフ。
座席の緑色のモケット。天井に並ぶファンデリア。未更新車には蛍光灯カバーも。

何もかもが懐かしく思えます。
14年経っても忘れられないものは、忘れられないのです。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2009-07-02 20:43 | 実在の鉄道
2008年 10月 04日

総括の時期

最近、実在の鉄道に対する興味がなくなりつつあります。
JRはもともと興味が薄かったのですが、最近は私鉄、ことに地方私鉄への思いまでもが消えていっているのを、ひしひしと感じています。

思えば私が物心つくかつかないかの境目あたりで消えてしまった筑波鉄道への憧憬(とはいえ真鍋でディーゼルのお守りをしていたじいさんに、運転台に乗せてもらった記憶が残ってる…)に始まり、寺田裕一氏の「日本のローカル私鉄」に導かれ、若干7歳で踏み入れてしまった地方私鉄趣味。

同世代の鉄道趣味仲間からは決して理解されないジャンルでしたが、本人はいたって楽しく趣味と戯れてきました。
ガキの頃は親父を説得して、旅行のついでに長電やら富山地鉄に乗せてもらったり、じいさんに小湊や鹿島に連れてってもらったり、学生になってからはバイトで金を貯めて、鈍行を乗り継いで大井川やら琴電を訪問したり。

しかしながら、地方私鉄を趣味の対象とするには、私はいささか生まれてくるのが遅すぎたようです。

私が高校生から社会人という、自立して行動できるようになった頃には、かつて本で見てあこがれた情景や、乗ってみたい車両のほとんどが失われていました。

もとより筑波鉄道以来、失われゆく現実に20年近くもさいなまれていましたので、今さらとり立てて騒ぐことでもないのですが、ここに来ていよいよ熱意が冷めつつあるのを実感します。

こうも窮屈な世の中ならば、いっそ空想の世界に生きるのも道理です。
そのために、架空鉄道という趣味があるとも言えましょう。

しかし、その前に、今まで私が観てきた地方私鉄の風景ないし情景を、一度総括するのも、また必要かと考えます。

残された写真で、私の記憶と想いをたどってみたいと思います。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2008-10-04 00:33 | 実在の鉄道
2008年 06月 05日

愛甲の鉄道趣味黎明記(期) 第1話

mixiでは鉄道ネタは書かないという誓いも、とうに忘却の彼方に。
気がつけば向こうには乗車記録は上がってるわ、動画は上がってるわで、本末転倒甚だしいものがあります。

まあ、mixiのくせに半ば非公開でやってる以上、向こうで鉄道ネタを書いても誰も読めないので無意味なんですがね。ただ、どこから流れてきたのかもよくわからない、得体の知れない(業)者どもが跳梁跋扈するようになって、もはやmixiのSNSとしての理想とシステムは瓦解したに等しいので、あそこで無制限にプライベートを公開するのは非常に怖い。

というわけで、たまにはこちらにも何か書いてみようと思った次第。
最近は架鉄ネタもすっかり干からびているので、実在の鉄道について語ってみましょうか。

題して、「愛甲の鉄道趣味黎明記(期)」。
わたくし愛甲が、鉄道趣味に足を踏み入れた頃の、日常を記録した写真に簡単なコメントを添えて公開していこうという趣旨です。

…「架空鉄道あれこれ」と銘打っている以上、ホントは実在鉄道ネタは極力取り上げたくないのですが。
意地はあってもネタがない。

記念すべきか禁忌すべきか判断しかねますが、黎明記の第1話は「電化直前の相模線」です。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2008-06-05 00:53 | 実在の鉄道
2007年 09月 15日

引き込まれ、引き戻され

東京駅の八重洲南口から京葉線ホームへと続くながーい通路。

ここは、動く歩道とエスカレーターをひたすら乗り継いでようやくホームにたどり着くわけですが、わたくし愛甲、この無駄に長い通路に、とある「意義」を見出しました。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2007-09-15 02:05 | 実在の鉄道
2006年 12月 31日

2006年の〆

ついこの前、年初のご挨拶を書いたかと思ったら、すでに今年も残すところあと1日に。早いものです。

そんなこんなで、今日(12/30)は2006年最後のお散歩として、東京を気ままに歩いてきました。以下、長文&画像多めですがご容赦を。

More
[PR]

by aikoh_denki | 2006-12-31 00:27 | 実在の鉄道
2006年 08月 15日

飯田線完乗

盆休みを利用して、本日は飯田線の乗りつぶしに行ってきました。
豊橋から6時間あまりかけて踏破したわけですが、非常に疲れた…
b0060079_22235483.jpg

しかしながら、山あり川あり谷あり野っぱらありの変化に富んだ車窓に退屈を覚えませんでした。また、今時にしては珍しく全区間で車掌が乗務していて、昔のローカル線の光景を彷彿とさせてくれました。
車内で補充券を発行する光景なんて、えらく久しぶりに見た気がします。

そしてついでに…
今日の飯田線の踏破をもって、JR東海エリア全線の完乗を達成しました。
JR線の完乗を目指して、10年以上前からコツコツ乗りつぶしてようやく1社、まだまだ先は長そうです。私鉄もいれるともっと長い…いつまでかかるのやら。
[PR]

by aikoh_denki | 2006-08-15 23:33 | 実在の鉄道
2006年 03月 11日

乗りつぶしオンライン

先日、乗りつぶしオンラインというものを発見しました。
要は今までの踏破記録を入力して公開する…というものです。
せっかくなので、アカウントを取って自分の乗りつぶしの記録を入力してみました。

今まで20年近く鉄道趣味を続けていますが、今改めて客観的に見てみると、「よくここまで乗ったなぁ…」というのが正直なところです。
と同時に、乗車日とかルートとか、乗りつぶし時のシチュエーションの記録を取っていないということに気づきました。
おかげで乗車日の入力ができない…

ただ、幸いなことに、旅で使っていたカメラに年月日の記録機能がついていたので、アルバムをめくれば乗車日はフォローできそうです。
暇なので今からちょっと調べてみようと思います。
とはいえ、日常生活で乗っている路線については、いつ初めて乗ったのかということを調べる術すらありませんが…ここはまあ適当に。

「愛甲」という名前で登録したので、私の乗車記録に興味のある方は「愛甲」さんを探してみてください。
[PR]

by aikoh_denki | 2006-03-11 15:09 | 実在の鉄道
2005年 11月 03日

夢があるかも…?

東武宇都宮線に「おもちゃのまち」という駅があります。
また、東急こどもの国線には「こどもの国」という駅があります。
そして、東武と東急は半蔵門線を介してつながっています。

…パスネットで「おもちゃのまち」から「こどもの国」まで行きたい。
そして裏面の乗降記録にこの2つの駅名を刻み込みたい。

「おもちゃのまち」から「こどもの国」までの切符…
なんか夢があっていいなあと思った文化の日の昼下がりでした。
[PR]

by aikoh_denki | 2005-11-03 16:37 | 実在の鉄道
2005年 09月 24日

私鉄駅っぽいJR駅

先日、とあるJR線に乗車した折、私はひとつの発見をしました。

「何だこの駅…JRの駅のくせに妙に私鉄くさい…!?」

More
[PR]

by aikoh_denki | 2005-09-24 00:10 | 実在の鉄道