愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 29日

常総にもA-trainを・・・

常総急行の新車を描いてみました。
b0060079_23562916.gif
32系 1101号(32-1101)

このクルマのコンセプトは、ありきたりですが「究極の万能車」です。長距離運用から地下鉄直通、支線の小運転まで、何でもこなせてしまうクルマを目指しています。車体はもちろん最近流行の標準化車体で、足回りや内装も特筆すべきことはありません。ホント、コンセプトから仕様まで、何もかもがありきたりのクルマです。まあ、万能であるということは、それ自体が個性であり、また没個性にもなるという、一種の自己矛盾を抱えているわけで、書くべきことがなくなるのは仕方がないことなのかもしれません。

さて、標準車というとE231系やその傍系を思い浮かべますが、あのシリーズがしばしば論議(時には中傷も…)の的になる原因は、あまりにもコスト削減を意識しすぎたがゆえ、ケチってはいけないところまでケチってしまったことにあると、私自身は考えています。もちろん、これは私自身の考えなので、コスト至上主義を真っ向から否定するつもりはありません。むしろ利害得失のからむ鉄道会社や車両メーカーがそれを是としたのならば、趣味人である私ごときがその思想や考えに異を唱えるのはナンセンスであると心得ているつもりです。でも趣味人としては受け入れがたいというのがホンネなんですけどね。

そんな中に現れた日立のA-trainは、これまでの「安かろう悪かろう」という(私自身の)標準車のイメージを打ち破る、斬新なクルマでした。E231とその傍系の増殖に辟易していた私は、つくばエクスプレスのTX1000やら2000、あるいは東武50000系を見て、「こういうクルマなら常総に入れてもいいかも・・・」などと思い、常総ではA-train導入と相成った次第です。
[PR]

by aikoh_denki | 2004-12-29 17:11 | 常総急行の車両


<< あけましておめでとうございます      チャットでのブレインストーミン... >>