愛甲の架空鉄道あれこれ

josoexp.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 14日

余生

b0060079_2245365.jpg【キハ45 3】と【キハ28 ????】 1993年8月24日 土浦駅にて
土浦駅の側線で憩うキハ45とキハ28。共に水郡線から流れてきたものである。
かつては急行「ときわ」や「奥久慈」として上野まで乗り入れていた水戸区のキハ28・58も、この頃には定期運用で常磐線を走ることもなく、常武線のローカル輸送に余生を送る毎日であった。

しかし、そんなキハ28・58も、年に1度だけ、思い出したように常磐線の本線を疾駆することがあった。
夏の海水浴シーズンに、常磐線の上野や我孫子から勝田を通り、茨城交通湊線に直通する「快速あじがうら」号である。
この列車は、かつての急行運用をほうふつとさせるような高速運転で常磐線内を駆け抜けたり、湊線内では茨交の気動車との併結も見られるなど、ファンにとっては楽しいものであった。

しかし、次第に海水浴客は自家用車に流れ、また、諸事情によりJRの気動車の社線乗り入れが自粛される事態に至り、この楽しい列車も運転が取りやめとなってしまったのは残念であった。



<以下、作者メモ>
【実車番号:キハ45 5??(不明)+キハ58 (不明)】 1992年8月23日 城端線高岡駅にて撮影。

どう見ても高岡駅ですが、もし常武線が存在したのならば、土浦駅にもこんな雰囲気の側線があってもいいんじゃないかと思い、この写真を使ってみました。

さて、今では信じられない話になってしまいましたが、つい20年ほど前までは、夏になると常磐線の上野や我孫子から茨城交通への直通列車が走っていました。
いつもは水郡線あたりをのんびり走っているキハ28・58や40が、この日ばかりは白昼堂々、常磐線の架線下を客を乗せて走っていたのでした。
今そんなことをしたら、間違いなく駅や沿線はファンで大混乱でしょうが、当時は不思議と注目する人も少なく、鉄道雑誌の読者コーナーに運転を報じる記事が小さく乗っていただけでした。

b0060079_23324943.jpg
【キハ58 117】 1991年頃 阿字ヶ浦駅にて
※若かりしころの筆者とそのイトコが写っているので画像に加工を施しております…

ここで取り上げた「快速あじがうら」はJR化後の列車ですが、国鉄時代は茨城交通だけでなく、鹿島臨海鉄道や筑波鉄道、鹿島鉄道に直通する列車も運行されていました。
「急行あじがうら・おおあらい」、ちょっとマイナーな「大洗エメラルド」、あるいは「つくば」や「パンダ」(これは沿線児童の上野動物園遠足用だったと思いますが…)など、常磐線は古くから接続する私鉄各線への直通運転が盛んだったと言えましょう。
鹿島臨海鉄道直通の幻の列車「ビーチイン大洗ひたち」に至っては、「水前寺有明」よろしく485系電車をDLに牽かせてまで直通させようとしていたと聞きます。

そういう常磐線の伝統を考えると、少し不謹慎な言い方かもしれませんが、鉄道ファンとしては「もし信楽の事故がなかったら…」と思うと、少し残念な気もします。
無論、あの事故だけが社線乗り入れ運転中止の理由ではありませんが…。
[PR]

by aikoh_denki | 2010-01-14 22:48 | JR常武線


<< 邪険      異端 >>